磁束計、フラックスメーター

装置概要

本装置、磁束計、フラックスメーターは、マグネット、電磁石の磁束量(フラックス・FLUX)を測定する装置です。

機能性、ラインでの自動計測について重視し、当社独自の回路方式にて、低価格で提供出来る磁束計です。その他、従来のフラックスメーターでは得られなかった多くの特性をもっています。

フラックスメーターイメージ

フラックスメータ:MODEL TFM-2000

磁束測定原理

センサーにコイルを使用し、対象物(マグネット等)から発生する磁束の変化を測定します。

ご注意

本装置を使用して測定を行うにはセンサーとなるサーチコイルが必要です。サーチコイルは本装置に標準で付属いたしませんのでご注意ください。

測定対象の形状、着磁仕様をご連絡いただければ最適なサーチコイルの製作も行います。 測定の原理、使用するサーチコイルの形状など詳細については下記ご参照ください。
磁束量の単位の定義および原理の詳細

フラックスメータ仕様

作業現場での手動測定を目的に小型で安定性を重視して設計しております。 又、低価格を図る為、標準機能以外はオプションとなっております。

型式 TFM-2000
電源 AC90~240V 30VA 50/60Hz
表示 デジタルLED4桁
測定範囲 0.001~99.99 mWb
磁束量(フラックス)の単位詳細はこちらをご参照ください。
測定モード ノーマル/ピークホールドモード切替
測定精度 ±1%/F.S
サーチコイル
巻き数設定
1~9999/T・4桁メモリー
外形寸法 80(H)×180(W)×250(D)
重量 1.2kg
以下オプション機能になります。
コンパレータ
機能
判定出力 上限NG・範囲内GO・下限NG(オープンコレクタ・容量DC24V,50mA以下)
アナログ出力 1V/FS
通信機能 RS232C(PC接続可能なアプリケーション付)

取扱説明書、その他

フラックスメータの取扱説明書、自動ラインにおける注意点は以下からご覧ください。

pdfファイル

フラックスメーター取扱説明書
PDFファイル(ファイルサイズ125KB)


pdfファイル

生産ラインにおける自動測定の注意点
PDFファイル(ファイルサイズ59KB)


磁気応用製品の製造
東洋磁気工業株式会社

関連リンク

磁束量測定の原理、詳細

フラックスメーターを用いたマグネットの磁化状態の測定は生産ラインでの全数検査において正確、スピーディに行えます。是非とも原理を理解していただき、 有効に使用して頂きたく、ご参考にして頂ければ幸いです。

磁束密度の単位換算

磁束の定義、ガウスメーターとの違い等、ご参照ください。

着磁の原理
磁石の着磁方法

強磁性体の性質、最強磁石のネオジム磁石はなぜ強力なのか、詳細をご説明いたします。

関連キーワード

フラックスヨーク,サーチヨーク,フラックスコイル

ウエーバ,マクスウエル

Google Analyticsより

magnix

磁化、消磁等磁気応用製品の製造:東洋磁気工業株式会社>製品案内>磁束計、フラックスメータ